冷え性ならごぼう茶で冷えとり!ごぼう茶が温活に良い2つの理由

ごぼう茶 冷え性

昔は冷え性じゃなかったのに、最近手足が冷たくて…。なんだか体もだるいし、疲れやすくなったみたい。それもそのはず、冷え性は自律神経の乱れから来ているので、体全体にさまざまな不調を招く始まりなんです。身体の冷えが慢性的な頭痛や肩こりにつながることも少なくありません。でも、そんなあなたに朗報です。ごぼう茶を飲めばカラダのめぐりを良くして冷え性を改善できることをご存知ですか?なぜ、ごぼう茶が「温活に良いお茶」と言われるのか?その理由について説明します。

手足が冷えるのはなぜ?

手足の冷え性

昔は冷え性じゃなかったのに、最近手足が冷たくて…。なんだか体もだるいし、疲れやすくなったみたい。

年齢を重ねて、そんな経験をしている女性も少なくないのではないでしょうか?

実は、冷え性は老化の一種なんです。

いきなりショックなことを書いてしまいましたが、実際、子どもで冷え性という話はめったに聞かないですよね。

手足などの末端が冷える、つまり血のめぐりが悪いわけですが、これは自律神経の乱れから来ています。

自律神経の乱れから身体が冷え、そして身体が冷えると自律神経が更に乱れて…とこの悪循環で身体はどんどん冷えていきます。冷えと自律神経の乱れ、そして「めぐり」には密接な関係があります。

カラダが冷えは、さまざまな体調不良を招く

肩凝り

カラダが冷えると、さらに自律神経が乱れてしまい、その後は悪循環から抜け出せないと泥沼にハマっていきます…。慢性的な頭痛や肩こりが起きやすいカラダになったり、座り仕事が多い人だと、腰痛に悩まさせることもあります。

最初のうちは手足の冷えが気になり出しただけだと思っていたら、あれよあれよと拡がって、冷えは末端に留まらず、体全体にさまざまな不調を招く始まりになるんです。

冷え性を感じはじめたら、そのまま放置せずにちゃんと冷えとりをしないと、身体全体に不調が広まってしまいます。

自律神経の乱れの主な原因はストレス

ストレス

では、自律神経の乱れを改善してカラダの冷えとりをするには、どうすれば良いのでしょうか?

自律神経の乱れは、精神面や肉体面へのストレスが主な原因といわれます。

ストレスがたまると腸内環境も悪化して便秘がちになったり、はたまたお肌にトラブルが起きたりと、良いことはひとつもありませんね。

イライラしてたくさん甘いものを食べたり、たくさんのコーヒーを飲んで大量のカフェインをついついとってしまうことも、きっとあるでしょう。でも、そのような一時しのぎのストレス解消法は、決して身体に良いとは言えません

その瞬間はストレスを解消できるかもしれませんが、糖分やカフェインを摂ったことによって、時間が経てばさらにイライラしてきて、結果としてストレスも増えてしまいます。

ごぼう茶は身体の内側をキレイにして、ストレスの原因を無くす

ごぼう茶

そこで登場するのがごぼう茶です。

ごぼう茶が冷えに良いとされるのは、身体の内側をキレイにしてストレスの原因を取り除いてくれるからです。

以下では、ごぼう茶を飲むとストレスが軽減されるメカニズムについて見ていきます。

ごぼう茶は便秘解消に抜群の効果

ごぼう茶に豊富に含まれる水溶性食物繊維・イヌリンは便秘に確かに効くといわれます。

イヌリンは腸で分解されてオリゴ糖になるので、善玉菌のエサになって腸内環境を良くします。さらに、腸で水分を吸収して食物を取り込んでゲル状になり、これが腸内をするすると移動して便をやわらかくし、便秘を解消してくれます。

ごぼう茶にはこのイヌリンがたっぷりと含まれているので、飲み過ぎると下痢気味になるともいわれるほど効果があります。

便秘による不快感や頭痛、肌のトラブルは結果としてストレスの元になります。ごぼう茶を飲んで腸の中がキレイになればイライラが抑えられ、結果としてストレスが軽減された状態になります。

ごぼう茶のデトックス効果は高い

ごぼう茶は腸内のお掃除をして、老廃物である便の滞留時間は短くしてくれます。

便の滞在時間が短いと身体が毒素を体内に吸収する前に排出できるので、デトックス効果が高いです。

デトックスの方法は、便の滞在時間を短くする他にもう1つあります。それは、尿から体内の毒素をカラダの外に出すことです。ごぼう茶に多く含まれる水溶性食物繊維・イヌリンには利尿作用があります。この点からも、ごぼう茶のデトックス効果は高いと言えるでしょう。

同じく利尿作用といえばカフェインも有名ですが、カフェインはとりすぎるとかえってイライラや精神不安定状態を招くこともあります。ごぼう茶はノンカフェインでかつ利尿効果もある優れたお茶なのです。

デトックスがうまくいかないと老廃物による毒素が血に吸収され、新鮮な酸素や栄養いっぱいの血が全身をめぐることができなくなります。結果として、末端にまで酸素や栄養が供給されず、手足の冷えにつながります。

ごぼう茶が温活に最適な飲み物である2つの理由

温活

カラダを温める「温活」いう言葉をときどき耳にするようになりましたね。

それだけ、冷え性に悩まされる人が多いということでしょう。

  1. 温活
  2. 冷え症改善
  3. 自律神経のバランスが整う
  4. めぐりがよくなる
  5. 温活をせずとも、冷え症が改善

といったよい循環を促すためにも、ごぼう茶は最適な飲み物です。

ごぼう茶が温活におすすめの理由は2つあります。

理由1:ごぼう茶は、ほんのり甘くて糖分が少ない

皆さんがよく飲まれるコーヒーや紅茶、ココアで気をつけていただきたいのが砂糖です。

砂糖は過剰摂取するとビタミンB欠乏を起こしやすくなります。

ビタミンBは赤血球の生成に必要な栄養素なので、ビタミンBが欠乏すると熱を体内にめぐらせる血の質と量に影響し、冷えを招くのです。また、ビタミンB欠乏そのものは自律神経の乱れにも直接つながります。

コーヒーや紅茶、ココアに入る砂糖はもちろんのことですが、これらの飲み物はついついお菓子と一緒に摂りがちですね。魅力ある組み合わせですが、冷えにつながりますから、糖分摂取はほどほどにしましょう。

ごぼう茶に合うお菓子を想像すると、ケーキやクッキーといった洋菓子よりは和菓子や煎餅が合いそうですね。種類にもよりますが、和菓子の方が洋菓子と比べて全体的に砂糖の使用量は少ないでしょう。

ごぼう茶自体には糖分はほとんど含まれておらず、砂糖を入れて飲むお茶ではないので、ごぼう茶単体で見てもビタミンB欠乏の心配は不要ですね。

理由2:ごぼう茶はノンカフェイン

もうひとつ、温活で気にすべきなのがカフェインです。

カフェインの過剰摂取は自律神経のバランスを崩します。自律神経が乱れると血行不良につながり、冷え性となることは先にも述べた通りですね。ホット一息つきたいなと、ついつい飲み過ぎてしまいがちなコーヒーですが、飲み過ぎはカラダの冷えを招きます。

ストレス解消のためのコーヒーを飲んだ結果、体を冷やして更なるストレスを招く…目的を達成するどころか、悪循環で裏目になってしまっていますね。

その点、ごぼう茶はノンカフェインですから冷え症につながる心配はありません。

温かいごぼう茶は、心も体もほっとさせてくれますよ。

温活に一番おすすめのごぼう茶はどれ?

ごぼう茶を飲むと自律神経の乱れが改善されて、身体の冷えとりができることがご理解いただけたでしょうか?糖分量も少なくノンカフェインであるごぼう茶は、温活には最適な飲み物なんです。

では、温活でおすすめのごぼう茶はどれでしょうか?

冷えの改善にあせりは禁物です。

ごぼう茶を飲めばすぐに身体の冷えが改善されるというわけではなく、毎日続けて飲むことで、少しずつカラダのめぐりを改善していきます。

つまり、毎日続けやすいごぼう茶を選ぶことが大切です。

そういう意味で、飲みやすくておいしいごぼう茶を選ぶということは飲み続ける上で重要なポイントです。

なぜなら、ごぼう自体がそもそもクセのある味がする根菜なので、粗悪な商品を選んでしまうと「土臭くて、とてもじゃないけど飲めない…」といった自体になりかねないからです。

また、自分に合っているかどうかを確かめるという意味でも、はじめてのごぼう茶を飲む人にはお試しパックがあるごぼう茶がおすすめです。

上記を踏まえて、これから温活を始めたいと思っている人におすすめなのが、あじかんの国産焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」です。

あじかん 焙煎ごぼう茶

特に期待できる効果:
母乳、アンチエイジング、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

あじかんが1位の理由

最近のごぼう茶ブームを世に広めた第一人者とも言われる南雲博士が監修している、とても人気の高いごぼう茶です。

ごぼうの品質にはとにかくこだわっています。香りの良い茨城県産のごぼうと甘みの強い青森県産のごぼうをブレンドしてつくられたごぼう茶は、お湯を注ぐと芳醇な香りがあたりに広がり、一口飲むと舌のうえにほのかな甘さを感じます。ごぼう独特のクセや土臭さはほとんど無く、ごぼうが苦手な人でもおいしく飲めるごぼう茶です。

あじかんのごぼう茶は、まずは一週間だけ試せるお試しセットがあるのも特徴です。1週間飲んでみて「これなら続けられる」と感じたら、温活のお供として、ごぼう茶を毎日の生活にとりいれてみてください。

あじかんの国産焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」は、以下の記事で詳しく解説しています。

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」の商品レビューと口コミ:国内最高級ごぼう茶が今なら税込600円でお試し!美味しい飲み方・効能は?

はかせのまとめ

  • 冷え性は「老化の一種」とも言えるんぢゃな。冷え性改善には、身体のめぐりを良くして自律神経の乱れを整えることが一番大事なんぢゃ。
  • ごぼう茶に含まれるイヌリンは、めぐりを悪くする便秘解消に効果があるんぢゃ。利尿作用もあり、デトックス効果も期待できるぞぃ。
  • 砂糖やカフェインが含まれていないごぼう茶は、温活ドリンクとしても最適ぢゃ。まずは1週間、試してみてはいかがぢゃろうか。

おすすめ「ごぼう茶診断」が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なごぼう茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ごぼう茶で健康習慣をはじめようと思っている人はぜひ試してみてください。