ごぼう茶でじんましんが出る人の特徴と、じんましんを避けるためにできること

ごぼう茶_じんましん

健康効果が高くて若さをキープできるというごぼう茶。ネット上にはたくさんのレビューや口コミが出ていますが、その中でも気になるのが副作用のじんましんです。ごぼう茶を飲んだらじんましんが出たという人も、時々いるようですね。これからごぼう茶を試してみたいと思っている人は、自分は大丈夫かしらと気になるところでしょう。今回はごぼう茶のじんましんについて調べてみました。ごぼう茶を飲んでじんましんの出やすい人はどんな人か、また、どのように対処すれば良いかかを見ていきましょう。

ごぼう茶を飲んでじんましんが出るのはなぜ?

ごぼう茶

ごぼうはキク科の植物で、花粉症の原因となるブタクサやヨモギと同じ種類です。

ですからキク科の植物にアレルギー反応が出る人、特にキク科の植物に花粉症の症状が出るという人は、ごぼう茶を飲むことでじんましんが出る可能性があります。

ヨモギやブタクサにアレルギーを持つ人は要注意

キク科の植物である「ヨモギ」や「ブタクサ」にアレルギーを持っている人は、ゴボウにもアレルギーを持っている可能性があります。ごぼう茶を飲む時は、細心の注意を払って下さい。

ごぼうのアクにも原因が…

ごぼうをお料理に使う時、水にさらしておくとかなり強いアクが出ますよね。

このアクも人によってはアレルギーの原因となるようです。ごぼうのアクが、じんましんやかゆみなどを引き起こすことがあります。

ごぼう茶に使われている原料のごぼうは、アク抜きをせずそのまま使われていることが多いので、それに反応してじんましんになる人もいるでしょう。

ごぼうに使われている農薬にも気をつけて

ごぼう茶は皮ごと焙煎して作られている場合も多いです。

皮まで使った方が、ごぼうに含まれている栄養素を丸ごと取り入れられて、健康効果が上がるからです。

でも、その原料のごぼうに農薬が使われていれば、その農薬がアレルギーを引き起こす可能性もあります。

その他、食物アレルギーを持つ人も要注意

ある食物に対してアレルギーを持っている人は、違う食物にもアレルギー反応が出るということがあるようです。

ですから、たとえこれまでキク科の食物にアレルギーが無かったとしても、大豆や小麦などにアレルギーを持っていれば、ごぼう茶に対してもアレルギー反応が出るかもしれません。

あくまで可能性の話ですが、食物アレルギーを持っている人は、はじめてごぼう茶を飲む時は慎重に試した方が良いでしょう。

じんましんを避けるためにできること

すっきり

これまで、どんな体質の人がごぼう茶でじんましんが出やすいか見てきました。

でも、腸内環境の改善など健康効果の高いことで評判のごぼう茶です。せっかくおいしくて栄養価のあるごぼう茶なのですから、じんましんが出ないよう注意して飲む方法はないでしょうか。

以下では、じんましんに気をつけながらごぼう茶を飲む方法を紹介します。

食物アレルギーを持つ人は少しずつ試す

アレルギー反応は複雑で、原因を特定するのも難しいことがあります。

何かの食物にアレルギーを持っている人が多量のごぼう茶をいきなり取り入れると、何かしらの反応が出ないとも限りません。

食物アレルギーを持っているならば、ごぼう茶を飲む時も少しずつ試してみて、体調を見ながら飲んでいくのも一つの方法ですね。

無農薬で栽培されたごぼう茶を飲む

ごぼう茶にもいろんな種類があって、今は無農薬で栽培された有機ごぼう茶もたくさん販売されています。

皮ごと焙煎していることもあるごぼう茶なので、農薬を使わずにつくられたごぼう茶は安心感がありますよね。

農薬によってアレルギーが出るというリスクを防ぐためにも、有機栽培のごぼう茶はおススメです。

ごぼうティーチでは、有機栽培のごぼう茶も徹底レビューしています。中でもこだま食品の有機高原のごぼう茶は、有機栽培にこだわって、徹底した安全管理の下でごぼう茶を栽培・製造しています。じんましんを気にする人には、おすすめのごぼう茶と言えるでしょう。

こだま食品 有機高原のごぼう茶

特に期待できる効果:
ダイエット、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

こだま食品・有機高原のごぼう茶の評判と口コミ:安全と美味しさに定評のある有機栽培ごぼう茶

過剰に摂取しない

ごぼう茶はアク抜きをせず、皮ごとごぼうを使っていることが多いです。そのため、普段の食事でごぼうを食べて何も問題はないという人でも、じんましんが出ることはありえます。

そして当然、ごぼう茶を飲み過ぎればじんましんを発症する可能性も上がっていきます。

じんましんを避けるためにも、一日に適量を飲むということを気をつければ、いくぶんかはじんましんのリスクも抑えることができるでしょう。

はかせのまとめ

  • ごぼう茶を飲むとじんましんが出ることもあるというのは、心配ぢゃのう。特にキク科の植物であるヨモギやブタクサにアレルギーを持っている人は、ごぼう茶を飲むとじんましんが出るかもしれんのぢゃ。
  • 自分がじんましんが出やすい人の特徴に当てはまるかもしれないと思ったら、ごぼう茶を飲む際はぜひ気をつけて欲しいものぢゃ。
  • もし、ごぼう茶を飲んでみてじんましんが出てくるようなら無理せず飲むのをやめて、心配であれば、かかりつけのお医者さんに相談することをおすすめするぞぃ。

おすすめ「ごぼう茶診断」が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なごぼう茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ごぼう茶で健康習慣をはじめようと思っている人はぜひ試してみてください。