重症化したら入院も免れない乳腺炎はごぼう茶を飲めば予防できる

ごぼう茶 乳腺炎

産後のママは本当に大変。赤ちゃんがなかなか母乳を飲んでくれなかったり、体が疲れていても十分に睡眠がとれなかったりすることは日常茶飯事です。育児が始まると毎日が慌ただしくなり、自分で気づかないうちに疲労が溜まっていることがあります。こんな時、特に気を付けたいのが乳腺炎(にゅうせんえん)です。重症化すると入院する事態にも成りかねない乳腺炎。でも、ごぼう茶を飲むことでこの恐ろしい乳腺炎を効果的に予防できることをご存知でしょうか?

原因がわかれば早めに予防したい乳腺炎

母乳をあげる

授乳中のママであれば一度は経験したことのある乳腺炎。

乳腺炎になるきっかけは、

  1. 偏った授乳姿勢
  2. 赤ちゃんの飲み残しが多い
  3. 赤ちゃんに吸われ過ぎて乳首に傷がつく

などが挙げられます。

「乳腺炎の初期症状かも…」と思ったら早めに治療を受けることが大事です。今から赤ちゃんを産んで育てようと思っている方は、妊娠中から乳腺炎にならないように対策しましょう。

乳腺炎は症状が悪化すればするほど、辛い痛みを伴います。

熱が出たり、乳房の中に膿が溜まるなどして重症化すると、病院で押し出してもらったり、時に切開が必要になることがあります。

紅里
私も以前に一度経験したけど、乳腺炎は本当つらいわね。胸がすごく熱くなったのを覚えてるわ。痛くておっぱいを吸わせられないし、のんかは母乳が飲めないって泣きわめくし、あの時は八方塞がりだったわ…。ひどくなると入院が必要になることもあるのね!重症化しなくて、本当に良かったわ…。
T博士
乳腺炎で辛い思いをしないためにも、常日頃から予防を心掛けておくことが大切ぢゃな。そこで「ごぼう茶」が登場するというわけぢゃ。

つらい乳腺炎予防にはごぼう茶が効くって本当??

ごぼう茶

乳腺炎予防に効果的な健康茶と言えば、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーが効果的だとよく言われますね。

でも実は同じくらい、またはそれ以上に「ごぼう茶」も乳腺炎予防に効果があるのをご存知でしょうか?

ごぼうと母乳。正直、見た目だけではあまりイメージがわかないですね。

乳腺炎予防にごぼう茶が効果的だといわれているけど「これ本当??」と半信半疑な方のために、ごぼう茶がなぜ乳腺炎予防に効果的かを実証したいと思います。

ごぼう茶に含まれている成分をチェック!

乳腺炎予防に効果的ということは、その効果を裏付ける成分がごぼう茶に含まれているはずです。

まずは、ごぼう茶に含まれている主な成分をチェックしてみましょう。

  1. サポニン
  2. イヌリン(水溶性食物繊維)
  3. カリウム
  4. アルギニン
  5. ポリフェノール

これらの栄養素の中で、乳腺炎予防に効果がある成分はどれなのでしょうか?

ごぼう茶のポリフェノールはどこに含まれているの?
ごぼう茶のポリフェノールは主にごぼうの皮から摂れます。そのため、皮を含めてまるごと使ったごぼう茶であればポリフェノールが含まれてます。

ごぼう茶が乳腺炎予防に効果的な理由

最も重要な栄養素は「サポニン」

上記であげた栄養素の中でもも特に「サポニン」という成分が乳腺炎の予防に関係していると考えられています。

サポニンは血中のコレステロールを分解し、血液をサラサラにしてくれます。

母乳は血液から作られているので、その血液がサラサラになることによって、母乳もサラサラの状態になります。加えて母乳の分泌量も増えて、赤ちゃんにたくさんの母乳を飲ませることができるようになります。

さらに、サポニンにはおっぱいのしこりを和らげる作用もあります。

お乳にしこりができはじめると「乳腺炎かな?」と不安に襲われますよね…。ですが、普段からごぼう茶を飲んでおけば、そんな胸のしこりも予防できます。結果的に乳腺炎になりにくい体質になって乳腺炎を予防できるというわけです。

イヌリンが血液をサラサラに

もう1つ、乳腺炎予防に一役買ってくれるのが水溶性食物繊維のイヌリンです。イヌリンは身体の老廃物を身体の外へ追い出すデトックス効果があります。その結果として、血液をサラサラにする効果も期待できるのです。

血液がサラサラになると母乳もサラサラの状態に…と、ここからはサポニンと同じメカニズムですね。

イヌリンはサポニン同様に母乳の質を向上させ、結果として乳腺炎予防にもつながるというわけです。

このように、乳腺炎予防だけでなくごぼう茶は総じて母乳に良い効果が期待できます。母乳がサラサラになって、赤ちゃんもゴクゴクと母乳を飲むようになり、結果的に母乳の出を良くしたり、母乳量の適正化がなされるのです。ごぼう茶と母乳の関係については、以下の記事でも詳しくまとめています。完全母乳育児を目指しているママ・プレママは合わせて読んでみて下さい。

また、ごぼう茶にはデトックス効果も期待できるのでいつのまにか産後ダイエットにもつながっているという、副次的な嬉しい効果もあります。

ごぼう茶で完全母乳育児を実現したら:いつの間にか産後ダイエットになっていた

まずは1日1杯から!ごぼう茶で乳腺炎予防

授乳

実はごぼう茶は昔から民間療法として乳腺炎の治療によく使われてきたそうです。そう考えると、その効果はお墨付きですね。

乳腺炎の予防・改善を目的にごぼう茶を飲む場合は、1日に2~3回飲むと効果が続きやすいと言われています。

飲むタイミングは、食前または食間になるでしょう。ノンカフェインで安眠効果も期待できるポリフェノールも入っているので、夜寝る前に飲むお茶としても適しています。

飲み方の推奨は1日2〜3回です。ですが、人によっては1回飲んだだけでも乳腺炎の症状が和らぐこともあります。もちろん個人差はありますが、乳腺炎で悩んでいる人は、一度は試してみると良いでしょう。

なお、乳腺炎になりかけの頃を放置して乳腺炎が悪化してしまうと改善にも時間がかかってしまいます。

効果の実感までには、ごぼう茶を最低でも3日ほど飲み続けることをおすすめします。痛み・しこり・ほてりなどが消えるかどうか、様子を見てください。それでも症状ひどいときはかかりつけの医師や助産師などに相談しましょう。

T博士
効果の感じ方は人によって個人差はあるぢゃろうて。最低でも3日、できれば1週間は試してみるのがおすすめぢゃ。

乳腺炎に効くごぼう茶:はじめての人におすすめはどれ?

一般的にごぼう100%のごぼう茶であれば、乳腺炎予防の効果・効能を期待できます。

それでは、最も乳腺炎予防に効果的なごぼう茶はどの商品でしょうか?

数あるごぼう茶を比較しているゴボウティーチですが、今回は「乳腺炎」ということで乳腺専門医の南雲先生が監修がした「あじかん焙煎ごぼう茶」について少しご紹介いたします。

あじかんの焙煎ごぼう茶は茨城県の「つくば山崎農園」で丁寧に育てられた国産ごぼうだけを使用し、保存料や添加物などは一切含まれておりません。ごぼうの鮮度もよく香りや食感もよく、ごぼう本来の甘みも感じられます。

あじかん 焙煎ごぼう茶

特に期待できる効果:
母乳、アンチエイジング、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

あじかんが1位の理由

また、ごぼう茶を試すのは初めてという方には、あじかんのお試しセットはおすすめです。2g ×7包で600円(税込)でおまけに送料無料。はじめてごぼう茶を試す方にとっては、量も値段も非常にお手頃です。

ごぼう茶の味が自分の好みにあっているか?を判断するためにも、ごぼう茶初心者の方はまずはお試しセットを選ぶことをおすすめします。

あじかん焙煎ごぼう茶のより詳しいレビューは以下の記事をご覧ください。

あじかん焙煎ごぼう茶「ごぼうのおかげ」の商品レビューと口コミ:国内最高級ごぼう茶が今なら税込600円でお試し!美味しい飲み方・効能は?

はかせのまとめ

  • ごぼう茶の効果・効能はお通じが良くなる・便秘が改善されるといったイメージが強いかもしれんが、乳腺炎の改善にも効果があるのぢゃ。
  • できれば乳腺炎になってしまう前に、乳腺炎を予防しておきたいところぢゃな。ごぼう茶を毎日飲んでいれば、乳腺炎予防にもつながるぢゃろう。

おすすめ「ごぼう茶診断」が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なごぼう茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ごぼう茶で健康習慣をはじめようと思っている人はぜひ試してみてください。