有機栽培ごぼう茶を比較!安心・味・栄養の3つの観点で優れたごぼう茶はどれ?

ごぼう茶 オーガニック

おいしくて安全なごぼう茶を飲みたいと思っている人にとって気になるのが有機栽培されたオーガニックごぼう茶でしょう。農薬や化学肥料を使っていないので、小さなお子さまにも安心して飲ませることが出来ます。有機栽培されたごぼうは安全なだけでなく自然のうま味が増すので、より風味豊かなごぼう茶に仕上ります。今回は、有機栽培されたごぼう茶のみをピックアップして比較しながら、おすすめの有機のごぼう茶がどれかを検証します。

がばい農園「有機栽培ごぼう茶」

農家のおじいちゃんとおばあちゃんを描いたパッケージのイラストが可愛らしい、がばい農園の有機栽培ごぼう茶 。健康を気遣うシニア世代の人だけでなく、比較的若い世代の人でも手に取りやすいイメージですね。有機JASの認定を受けたごぼうだけを使って作られたごぼう茶です。がばい農園では第三者機関が定期的に残留農薬検査、放射能検査、生菌検査をしているので品質には安心感があります。無農薬栽培であっても残留農薬検査をしているので、様々な厳しい検査をクリアしたごぼうだということが分かりますね。

原材料を大切にした手作り製法

有機栽培されたごぼうをおいしいお茶に仕上げるために、作り方にもこだわっています。洗浄やアク抜きなどはできるだけ機械に頼らず手作業で行っています。使用する水にもこだわり、水質検査で安全性を認められた地下天然水を使うことでまろやかさを引き出しています。焙煎後には熟練したスタッフが目視検査をして、ごぼう茶に焦げた素材が混入しないようにしています。

ティーパックにもこだわった作り

がばい農園のごぼう茶は無漂白の不織布を使い、安全性の検査をクリアした素材をティーパックにしています。それまで使用していたパルプ素材から変更することで、より安全になりお茶もいっそうきれいに抽出できるようになりました。

がばい農園の有機栽培ごぼう茶をおいしくいただくには

召し上がり方はティーパックを煮出すか、ティーポットやマイボトルにお湯を注ぐだけでもお茶を抽出できます。ホットで作った後に冷やしたり氷を入れたりするとごぼう茶のアイスティーが出来上がります。

小川生薬「有機ごぼう茶」

近ごろレビューでどんどん評価が上がっているのが小川生薬の有機ごぼう茶 です。

2年間で累計50万個以上の売上というのですから、リピート率の高さがうかがえます。北海道産の有機ごぼうだけを使って作られ、厳選された素材を使用しています。ごぼうを皮付きで丸ごと使い、皮に含まれている栄養素を摂れるようにしているのもポイント。

着色料・香料・保存料などの添加物を加えずごぼうそのものの味わいを引き出しています。

大正14年創業以来守り抜かれた伝統ある技術

小川生薬は1925年に創業された漢方の老舗。長年追求してきた確かな技術で作られたごぼう茶は安全基準もクリアしています。

他社に委託せず全ての生産工程を自社工場で行っているので、品質管理もしっかりしています。

小川生薬有機ごぼう茶のおいしい召し上がり方は

沸騰したお湯にティーパックを入れて煮出すか、急須にティーパックを入れてお湯を注ぐだけでも召し上がれます。水出しもできるので水にティーパックを入れて冷蔵庫で冷やすだけでできあがり。ティーパックは無漂白の物を使用しているので、深みのあるごぼう茶の味わいにぴったりです。

自然派きくち村「菊池水田ごぼう茶」

菊池水田ごぼう

熊本県の菊池水田ごぼうを使って作られた菊池水田ごぼう茶 。テレビでも紹介されたことがあるので、すでに知っている方も多いかもしれませんね。菊池水田ごぼう茶のごぼうは農薬や化学肥料、除草剤も使わずに作ったもの。厳しい基準をクリアした有機JAS認定農家が作っているので信頼できる品質がポイントです。細長いごぼうをイメージしたパッケージもナチュラル感アップですね。

水田ごぼうの栽培方法

水田ごぼうは菊池市の特産品で、文字どおり田んぼで作られたごぼうです。お米作りのシーズンオフに田んぼでごぼうを栽培してみたのがきっかけで、菊池水田ごぼうが生まれました。この水田ごぼうを加工してお茶にしたのが水田ごぼう茶です。

水田ごぼう茶の入れ方

パッケージを開けると乾燥したごぼう茶がぱらぱらと出てきます。急須に小さじ1,2杯くらい入れてお湯を注ぐだけできれいに色がでるので、煮出す必要がなくてラク。小さじ2杯で一袋を約26回飲めるのでコストパフォーマンスも優れています。飲み終わった後の出がらしのごぼうはお料理にも使えて、まるごと楽しめるのがうれしいごぼう茶です。

おすすめ:こだまいきいき農場「有機高原のごぼう茶」

モンドセレクション金賞を3年連続受賞

モンドセレクション金賞を3年連続で受賞した、おいしさに定評のあるのがこだま食品の有機高原のごぼう茶です。ごぼう茶には苦い・クセがあるといったマイナスイメージで「飲みにくい」と思っている人も多いかもしれません。

でも、有機高原のごぼう茶はオーガニックの安心・安全と同じくらい飲みやすさにこだわっています。一般的なごぼう茶と比べてクセが少なく、そのため「冷やして飲んでもおいしい」という口コミもあります。

有機高原のごぼう茶ははじめてごぼう茶に挑戦する人にも、おすすめできる飲みやすいごぼう茶です。

製造と加工にも安心・安全のこだわり

広島県の世羅台地に農場を作り、有機JAS認定を受けた土壌で原料のごぼうを栽培しています。

近くにある自社工場も有機JAS認定を受けているので、厳しい安全基準を満たしているのですね。製造においても有機加工・有機焙煎の作り方がこだわりを感じさせます。販売開始以来累計21万パック以上の売上で、じわじわとその評判は広がっているようです。

他の国産ごぼうと比較して栄養素が豊富

ごぼうにはポリフェノールが含まれていますが、普通のごぼうに100g中2.9g含まれているのに対して、こだま農場の有機ごぼうは3.97gも含まれています。

普通のごぼうよりポリフェノールが1.37倍も多く含まれていて、たっぷりポリフェノールが摂れますね。有機高原のごぼう茶で若返り成分のポリフェノールのパワーを実感できます。

おいしさ、安心・安全に加えて、栄養の面でも優れているごぼう茶と言えますね。

こだま食品 有機高原のごぼう茶

特に期待できる効果:
ダイエット、便秘解消

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★

はかせのまとめ

  • 有機栽培のごぼう茶は厳しい栽培基準をクリアしておる。安心・安全に徹底的にこだわりたい方は、やはりオーガニックを選ぶのが良いぢゃろうて。
  • 「がばい農園の有機栽培ごぼう茶」は、マイボトルにも抽出できるし職場や学校に持っていきたい人に良いぢゃろうて。「小川生薬の有機ごぼう茶」は水出しもできるから、アイスティーにして冷たいごぼう茶を楽しみたい人にも打って付けぢゃ。煮出す必要のない「菊池水田ごぼう茶」は忙しい人や手軽に楽しみたい人にいいかもしれんのぅ。
  • しかし何といってもワシのイチ推しはこだまいきいき農場の「有機高原のごぼう茶」ぢゃ。モンドセレクション金賞を受賞した有機高原のごぼう茶は、安心にも味にこだわりたいという人にぴったりぢゃ。手間ひまかけた有機栽培と高い製造技術で、おいしさと飲みやすさの両方を実現したごぼう茶ぢゃよ。

おすすめ「ごぼう茶診断」が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なごぼう茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ごぼう茶で健康習慣をはじめようと思っている人はぜひ試してみてください。