なぜ、痛風持ちがごぼう茶を飲むと尿酸値が下がるのか?

ごぼう茶 痛風

痛風と診断されて皆さんが考えることは「もうおいしいものは食べられないのか」です。食に関して制限がかかることは誰にとってもつらいものですね。でも、ごぼう茶を飲めば制限だらけの食生活を少しずつ変えられるかもしれません。ここでは、痛風に効果があるといわれるごぼう茶について解説します。

食事の工夫だけで大丈夫?

女性どうしよう

痛風になったら食べてはいけないもののリストを見て痛風患者がため息をついています。

それもそのはず、大好物だったものがすべてNGになっているからです。

「いきなりやめるのは無理。」「少しだけならいいだろう。」

そんなふうに考え、あまり大きく食事を変えられない人もいます。痛みが治まるともうよくなったのかもしれないと思ってしまうせいもあります。結果、また痛みが再発することになり、痛風は少しずつ進行していきます。

その進行具合を簡単に説明すると、まずは尿酸結晶がたまった関節に腫れと変形が起こります。足指の関節だけでなく足首やひざの関節も痛むようになります。俗にいう風が吹いても痛いという状態です。

次に関節以外の筋肉や皮下などに小さなこぶができます。これは、痛風結石と呼ばれる尿酸結晶の塊です。この痛風結石が腎臓にできた場合がさらに怖いのです。結石は尿管を傷つけ、結果、おなかや背中に激痛が来ます。救急車を呼ぶほどの痛みです。

また腎臓に尿酸がでたまり炎症ができると腎臓の働きが悪くなります。腎臓はフィルターのような働きをしますからきれいな血液にしきれないまま全身に送られてしまい、他の臓器にまで影響を及ぼします。

痛風は放っておけば進行していき、合併症も怖いので、薬もきちんと飲みながら尿酸値を下げる工夫を積極的にしていく必要があります。

なぜ、ごぼう茶を痛風持ちが飲むと尿酸値が下がるのか?

ごぼう茶

今までに食べていなかったものをとるようにするのは、新たな食の楽しみの発見になります。あれもこれも食べられないという否定的な見方でなく、痛風のおかげで〇〇を新しく食べられるようになったという肯定的な見方ができるとよいですね。

つまり尿酸値を上げるものを禁止することをしつつ、尿酸値を下げるものを積極的に摂るとよいのです。相乗効果でさらに尿酸値が下がりやすくなります。また合併症として尿酸がたまりがちな腎臓の働きを助ける効果があるものも積極的にとるとよいですね。

尿酸値を下げる、腎臓の働きを助けるという意味でごぼうはおすすめです。痛風の人には積極的にとっていただきたい食材ですね。とはいっても毎日ごぼうをとるのは難しいものです。そこでごぼうを違う形で無理なく摂る方法としてごぼう茶が考えられます。

ごぼう茶は尿酸値を下げる効果が期待できる

ごぼう茶は、尿をアルカリ性に近づける働きがあります。アルカリ性になると、バランスをとるために尿酸が排出されます。結果、尿酸値が下がります。痛風の方にとってこの効果は何より期待したい点ですね。

ごぼう茶の利尿作用は腎臓の働きを助ける

ごぼう茶の効果として利尿作用があり、腎臓に関していえば、腎臓の機能が弱い場合、不要なものを尿として排出する機能が弱くなるので、利尿作用があるごぼう茶はおすすめです。つまり腎臓の働きを助けているといえますね。

ごぼう茶はクレアチニン値を下げる

実際に、腎臓の機能をみるクレアチニン値が下がったという口コミも見られます。

クレアチニンは筋肉を動かすためのエネルギーを使うと発生するものですが、体には不要なもののひとつです。ですからフィルターとして働く作用のある腎臓はクレアチニンを尿として排出します。ですから血中のクレアチニン値が高いということは、腎臓の機能が正常に働いていないということです。ごぼう茶はこのクレアチニン値が下がったという口コミが多いのです。

クレアチニンの数値はなかなか下がらないらしいののですが、今回の健康診断で、父のクレアチニン値が下がっていることがわかりました。生活習慣で変えたことといえばごぼう茶なのでそれが効いているのかな。

毎日の習慣、特に毎日飲むお茶を変えることは続けやすいので効果にもつながりやすいですね。尿酸がたまりやすい腎臓を守るために、腎臓の働きを助ける食事、弱めないための食事をいつも心がけたいものです。

ごぼう茶の飲み過ぎには要注意

ただし、どんな飲み物でも飲み過ぎはよくありません。ごぼう茶についても、ほどほどにすることが重要です。

ごぼう茶の利尿作用によって尿量が増えるのは尿酸値を下げるのでよいことです。しかし、極端に利尿効果を高めた場合、水分が排出されすぎ、逆に血中の尿酸値濃度は高くなることもあります。利尿効果が期待できる飲み物をと考えて飲み過ぎた結果、体調を壊しては本末転倒です。同じく利尿作用があるといわれるカフェインの多いコーヒーやコーラも同様です。ごぼう茶はノンカインですが、それでも飲み過ぎには気をつけましょう。

また、ごぼう茶を飲み過ぎると人によってはお腹が緩くなって下痢の症状が出ることもあります。

なぜ、ごぼう茶を飲み過ぎると下痢になるの?心配な人はお試しセットがある「下痢になりにくいごぼう茶」を選ぼう

カリウム摂取制限を受けている人は要注意!
薬の作用の関係でカリウム摂取についてなんらかの制限を受けている人は、特に注意が必要です。カリウムは高くても低くても問題で、薬によってカリウムの吸収についてコントロールがされている場合は、ごぼう茶についても医者と相談したうえでの方がよいでしょう。

はかせのまとめ

  • 食べたいものを我慢するとマイナスばかりを考えず、痛風によいものを新しく摂り入れようとプラスで考えることは大切ぢゃな。
  • 尿をアルカリにするごぼう茶は、痛風の人には有効なんぢゃな。尿酸がたまりやすい腎臓の働きを助けるごぼう茶は、痛風の人におすすめじぢゃ
  • ただしほどほどにぢゃな。特にカリウム制限を受けている人については注意が必要とのことぢゃ!

おすすめ「ごぼう茶診断」が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なごぼう茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、ごぼう茶で健康習慣をはじめようと思っている人はぜひ試してみてください。